大阪市北区のフェニックスゼミは、少人数指導&個別指導の医歯学部受験専門予備校です。親元を離れて寮に入りがんばっている地方からの受験生も毎年います。

〒531-0072 大阪市北区豊崎3-6-11 エイトビル5F (中津ピアスタワーより1分)

お気軽にお問い合わせください

06-6926-0723

営業時間

9:00~22:00(受付は21:00まで)

2009年度 兵庫医科大学 推薦入試問題復元

2009年 推薦入試復元

直前チェック兵庫医科大学

昨年度の当ゼミ受験生の証言より復元!

以下の内容は、昨年度当ゼミから受験したN君の証言から復元したものです。

学力試験

ゼミ教務:形式はどうでしたか? どんな内容でしたか? 

N君:形式は総合問題でマーク式の90分でした。問題数は全部で100問で英語25問、数学は25問、理科3科目から2科目選択する形式でした。 

ゼミ教務:各科目の出題内容はどうでしたか?

英語は長文が2題、文法問題や熟語が出ました。「北京オリンピックの100メートル走の話」で世界記録保持者のボルトがどれ位タイムを縮めたか?dependOnなどのイディオムも出ました。穴埋め問題も出題されました。 

数学は「数と式」sinθ+cosθ=○を求めよ。(Sin3θ+cos3θ)(不明)= 9/16絶対値の計算、解と係数の関係、logも出ていました。出題範囲がⅠⅡにもかかわらずベクトル、確率が出題されました。

国語はありませんでした。 

物理は「ヤング、モーターの回る方向をフレミングの法則を使って当てる問題、また、物体の落下などの常識でわかる問題が出題されました。円運動は出ませんでした。 
 
化学は全体的な問題でした。密度からモル濃度を求める問題、酸化物の原子量を求める問題、無機の金属の知識、有機で官能基と化学式が書いてあって正しいものを選べでした。

生物は選択していないので覚えていません。

小論文は例年とは全く形式が異なるものでした。

問題にGDPと真の国内総生産の文が書いてある。

(1)文章から読み取って「なぜ一致していないのか?」を書く

(2)「今後、幸せ大国日本になるにはどうすべきか?」
あなたの考えを書きなさい。(400字)
 

問題が3問ありました。グラフの読み取りと算出方法も書いてありました。

ゼミ教務:面接の形式はどのようなものでしたか?

形式は、個人が15分でグループ面接が60分でした。
グループの人数は、7人で面接官の人数は3人でした。

面接試験

<グループ形式>

<問題>

高齢者の医療費の問題でグループ討論をする。
自己紹介に5分、移動に10分、全員で自分の意見をそれぞれ述べるのに合計10分でグループ討論に35分が大体の目安でした。
 
<形式>

まず、1人1人自己紹介(長所、短所)あるいは自分の強み、弱みを含めてをした。
次に、3分間程参考資料を見て問題を考える時間があった。次に1人ずつ自分の考えを述べた。

全員で

  1. 医療費を増やすべきか?
  2. 医療費を減らすべきか?
  3. そのままにしておく

の3つの中から選んで自分の意見を述べる。

次に、35分程7人でその事について意見を出し合って1つの意見にまとめた。
最後に、1人ずつ話 し合ったことの「まとめ」を言って終了した。


<グループ形式

とても狭い部屋でした。

<教授3名>

●           ● 

                                       司会者

□□□□  □□□□

○○○○○○○                                    

<生徒7名>

 

机があって机を囲むように座ります。

   生徒代表の司会者はそのままの位置で司会をします。

 

<個別形式>

<教授3名>

質問する順番 

 

              

●         ●        ● 

□□□□    □□□□

 

O

<生徒1名>

 

90%以上1番の面接官がしゃべります。最後に2番、3番の人に
「何かありますか?」と聞いて終了しました。

質問内容(15分)

ほとんどぼくは学校のことについて聞かれました。

  1. あなたの高校はどういう特色がありますか?
     
  2. (調査書を見ながら)自分の好きな科目を聞かれて「その理由は?」と聞かれました。


PS: 来年受験予定の方は以下の記事を読んだ方がいいでしょう。

<テーマ>

推薦入試の気づくべき盲点

フェニックスゼミは大阪市北区にある医歯学部受験に専門特別化した
少人数指導&個別指導の医歯学部受験専門予備校です。

個別授業と集団授業を生徒の受験校と受験期間に応じて組み合わせる。
集団の「」と個別の「柔軟性」を組み合わせてモチベーションの最大効果を狙う。
これが当ゼミの強みです!
親元を離れて寮に入りがんばっている地方からの受験生も毎年います。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

医歯学部受験問い合わせ電話番号

06-6926-0723

営業時間:9:00〜22:00 (受付は21:00まで)
受付担当:河本

平日18:00以降・土日祝受付電話番号:06-6921-2036
※5/1~5/5のゴールデンウィーク期間、8/12~8/15及び12/29~1/4は土日祝受付電話番号で対応します。

冊子無料ダウンロード

医歯学部受験生に贈る
7つのアドバイス

無料ダウンロードを希望される方はフォームよりお申し込み下さい。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6926-0723

平日18:00以降・土日祝受付番号

06-6921-2036

営業時間:9:00〜22:00
(受付は21:00まで)
※5/1~5/5のゴールデンウィーク期間、8/12~8/15及び12/29~1/4は土日祝受付電話番号で対応します。

HP更新通知メール配信

ホームページ情報更新通知メール配信申し込み

ホームページ更新通知を希望される方はフォームよりお申し込み下さい。

メルマガバックナンバー

情報送付解除フォーム

ご連絡先はこちら

医歯学部受験専門個別指導
医歯学部受験専門予備校

全ての生徒に
オリジナルプロジェクト!

フェニックスゼミ

06-6926-0723

平日18:00以降・土日祝受付番号

06-6921-2036

06-6375-3307

phenix@yo.rim.or.jp

〒531-0072
大阪市北区豊崎3-6-11
エイトビル5F
(中津ピアスタワー近く)