大阪市北区のフェニックスゼミは、少人数指導&個別指導の医歯学部受験専門予備校です。親元を離れて寮に入りがんばっている地方からの受験生も毎年います。

〒531-0072 大阪市北区豊崎3-6-11 エイトビル5F (中津ピアスタワーより1分)

お気軽にお問い合わせください

06-6926-0723

営業時間

9:00~22:00(受付は21:00まで)

医歯学部受験予備校合格

近年の進学先については「学研医歯薬受験案内最新版」を参考にしてください。

<2014年合格>

高知AO(1)、福井医学部(1)、広島歯学部(1)、大阪医科(1)、金沢医科(1)

昭和(1)、岩手医科(2)、岩手医科歯学部(1)、日本歯科特待(1)、関西医科(1)

近畿大医学部(1)、兵庫医科(4)、藤田後期(1)、昭和歯学部(1)、

聖マリアンナ(1)、関西医科推薦(1)、兵庫医科推薦(1)、 大阪歯科(1)

明海歯学部AO入試(42歳の主婦合格)、順天堂(1)

補欠繰り上げ待機 3名 (川崎、兵庫医大)

2010合格実績

群馬大学医学部

産業医科大学医学部

兵庫医科大学(推薦)

関西医科大学(推薦) 

金沢医科大学

東海大学医学部

兵庫医科大学(2)

獨協大学医学部

東邦大学医学部

日本大学医学部

川崎医科大学(2)

大阪医科大学

大阪歯科大学

東京歯科大学

産業医科大学 1次合格結果待ち

日本大学 1次

地方からの短期(夏期、直前)集中指導生の合格(判明分)

順天堂大学医学部

東海大学医学部(2)

近畿大学医学部

兵庫医科大学(1)

福岡大学医学部

久留米大学医学部

聖マリアンナ医科大学

日本大学医学部

帝京大学医学部(3)

東海大学医学部 

追加報告(繰り上げ)

川崎医科大学

日本大学医学部

最後の追い込み(第2弾)

昭和大学

2010年合格体験記

以下は4年間の苦しい浪人生活から逆転したAY君に「全国の長期化した浪人生に向けて君にしか書けないことを書け!それが君の社会貢献だよ。」と緊急に書かせたものです。
そうするとAY君は義理堅く速達で送ってくれました。

2010合格体験記~多浪生が直面する問題とその解決方法~

2010年産業医科大学医学部合格

AY君より
(4浪からの逆転達成)

「受験が長期化して苦しむ全国の多浪生への伝言」

医学部受験は私立、国立を問わず若干の定員増であっても相変わらず狭き門となっている。4年間に渡る浪人生活を送った私が同じように長年の浪人生活で苦労している方々に少しばかりの解決策を提案したい。


まず、なぜ医学部受験において「多浪」という問題が起きるのだろうか?一つ目には集中して勉強している時間が圧倒的に不足している事がある。「集中して」
というのは雑念がなく、問題を考え、解いたりしている状態のことだ。


長時間勉強しているのに結果が伴わない受験生は演習を中心とした勉強を強く勧める。どうしても一方通行の解説だけを聞く授業ではなかなか頭に学習した事項が定着しにくいのではないか?


理系科目(特に数学)は演習量がモノを言う。大多数の私立・国立の医学部は標準的な難易度で入試問題に日頃からよく目を通せば解ける問題を出題している。入試問題に間違えることを恐れず果敢に挑戦すれば、初めのうちは不正解の連続で悔しく感じることが多々あると思うが、「悔しい」と感じた時は一番学習事項が頭に定着する。これは私の経験則である。


特に模擬試験を頻繁に受験することは有益であることを強調したい。二つ目には浪人で精神的に追い詰められていることがある。お勧めするのは日頃の勉強やその他の悩みやストレスを打ち明け、解消する機会を設けることだ。
悩みや愚痴を聞いてもらうことは本当に心地良い。


もし、長期間にわたる受験勉強でつらいことがあったら、自分が可能な範囲で良いので通っている予備校の先生方に相談してみよう。話しを聞いてもらうことで自分の改善すべき点がわかってくるので大きな助けとなるだろう。


私自身、川添先生にたわいない話を親身になって聞いて下さったことで一番つらい4年目の浪人生活を乗り切ることができたことで本当に感謝している。三つ目には我流の勉強法にこだわり過ぎていることだ。何でも受け身で言われた通りのやり方で勉強しろとは言わない。


部分的でも良いから聞いて見て役に立つと思ったことは即日々の勉強に取り入れるべきだ。私も頑固で人の言うことに耳を貸さずに4浪の憂き目にあったのでこのことの大切さを痛感している。今、浪人している人やこれから浪人する人は素直であることを肝に銘じて欲しい。


四つ目には生活リズムが乱れていることがある。不規則な生活は受験勉強の大敵である。昼夜逆転の生活を送っていたり、勉強以外の誘惑に翻弄されている場合、危険信号である。


経済的に余裕があれば、生活管理をしてくれる予備校に通うのも良いだろう。ただし、個人差があるので一慨には言えない。五つめにはムラのある学習をしていることがある。医学部入試は高いレベルでの争いとなるので極端に苦手な科目・箇所があると命取りになる。


まず、得意科目でぶっちぎって合格はないと考えた方がよい。私は理科が非常に苦手で苦労した。物理と数学の偏差値が20以上違うこともあった。フェニックスゼミで自分に合ったオーダーメイドの授業が受講でき、ぎりぎりまでモチベーションを高めてくれたことが合格の決め手になったと思う。


因みに、私立医学部は数学や英語の配点より理科二科目の合計配点が高い、理科重視の配点が高い。痒い所に手が届く個別指導により、理科を克服すれば、合格切符の半分以上を手にしたことになる。


終わりになるが、浪人時代は入試という一発勝負の悲哀や、人に支えられる有難さを感じる時代でもある。多浪生や一浪生はまた入試のチャレンジできることの感謝を胸に最大限の努力で(これが大事)で来る受験戦線を突破して欲しい。

 

これが今春まで浪人していた私の願いである。

 <追加記事>
2010年夏の会話より(7月23日昼の会話)

上記のAY君が来たので再度冷静な視点で長期化の原因を振り返ってもらった。 
試験直後には見えなかったことが、更に見えているかも?と思ったからである。

大学生になって浪人時代の4年間を振り返って見てどう?

「こうすれば良かった」という後悔の気持ちがありますね。

「こうすれば良かった」という後悔の気持ちがありますね。浪人するにしても現役の時にもっとしっかりやっておけば良かったなって思いますね。ベースをしっかりやっておけば良かったと思いますよね。」
「変なプライドがあったなーと思いますよ。俺はそれなりの偏差値があるのだから、誰にも勉強に関して説教は受けたくないよとかね。本当、失礼な話ですけどね。もう少し、リズムを整えた浪人生活を送れば良かったなと思いますよ。」

今になってさ、多浪した原因をひとことで言えば.....

自分に甘かったですよね。自分に頑固だったですね。

「自分に甘かったですよね。自分に頑固だったですね。なまじ、国立の一貫校だったんで自分はここまでできて当然だ、俺は逸材に違いないとね....

我流の勉強でいい偏差値が取れると、もう人の言うことなんて聞かないんですよ。たまたま自分で勉強したことが当たっただけなんですけどね。」

「また、妙なプライドとしっと心ですよね。勉強がそこそこできる人間にありがちなね。できる奴を認めない、教えを請おうとも思えない。 現役で理3に行くような奴を素直に認めない、自分の分相応の志望校なんて頭にないんですよ。」

「いわゆる金の亡者じゃなくて偏差値の亡者ですよ。(笑)いなかにいると都会と違って医学部の受験生少ないんですよ。だから成績ですぐ飛びぬける。だから我流の勉強に陥りやすいんですよ。またいなかに物理とかレクチャーしてくれる優秀な人材いないんですよ。だから英数偏重主義になりやすいんですよ。 」

「自分の現状に問題がある」と本人がさ、認めるまではさ、進歩ない
からね。今でも....「あの苦しかった時期のこと」.... 思い出す.....?

本屋に行くと今でも自然に参考書コーナー行きますしね。

「本屋に行くと今でも自然に参考書コーナー行きますしね。ぼく、プライド高い割に気が小さいですから、試験の前なんか毎日下痢してましたからね。」
「この試験うまく行く人ってバランスの取れた性格かハングリーな体育会系の人が強いかなって思いますよ。ぼく、高望みし過ぎてそこまでのプロセスが弱いのに努力の結果を早急に求め過ぎてたと思いますよ。」
「視野狭かったんでプライドとっぱらってプロに言われたことやってがむしゃらにやってたら1〜2年でカタつきますよ。それでも落ちてたら心の問題ですよ。」

最後に「君にとっての4年間は何だった?」、
「簡単な形容詞と名詞で言ってみて?」

「.......そうですね......産みの苦しみを
本当に味わった4年間でしたね......... 」

PS:どら焼きセットありがとう。特にカスタード味がうまかったよ。
きっとこのインタビューがこれからの受験生に大きく役に立つよ。
本音で答えてくれてありがとう。 あれだけ尖っていた君が丸くなって優しい目に変わっていたのに驚いたよ。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

医歯学部受験問い合わせ電話番号

06-6926-0723

営業時間:9:00〜22:00 (受付は21:00まで)
受付担当:河本

平日18:00以降・土日祝受付電話番号:06-6921-2036
※5/1~5/5のゴールデンウィーク期間、8/12~8/15及び12/29~1/4は土日祝受付電話番号で対応します。

冊子無料ダウンロード

医歯学部受験生に贈る
7つのアドバイス

無料ダウンロードを希望される方はフォームよりお申し込み下さい。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6926-0723

平日18:00以降・土日祝受付番号

06-6921-2036

営業時間:9:00〜22:00
(受付は21:00まで)
※5/1~5/5のゴールデンウィーク期間、8/12~8/15及び12/29~1/4は土日祝受付電話番号で対応します。

HP更新通知メール配信

ホームページ情報更新通知メール配信申し込み

ホームページ更新通知を希望される方はフォームよりお申し込み下さい。

メルマガバックナンバー

情報送付解除フォーム

ご連絡先はこちら

医歯学部受験専門個別指導
医歯学部受験専門予備校

全ての生徒に
オリジナルプロジェクト!

フェニックスゼミ

06-6926-0723

平日18:00以降・土日祝受付番号

06-6921-2036

06-6375-3307

phenix@yo.rim.or.jp

〒531-0072
大阪市北区豊崎3-6-11
エイトビル5F
(中津ピアスタワー近く)